とにかくお金を貯めるブログ

一人暮らしで1000万円貯めるために、貯金や節約や断捨離、ゲームのこと等色々書いてます。

一人暮らし社会人の生活防衛費はどのくらい必要か考えた

 「生活防衛費」は投資のことを調べるとよ~く出てくる話ですよね。

 自分の生活を守るための生活防衛費を貯めてから、残りのお金を投資とかそういうのに使いなさい。ということを、耳にタコが出来るくらいききますよね。

 貯金一千万を目指してどんどん投資とかしていきたいのですが、やはり生活防衛費も大事かなーと思い、どのくらい必要なのか自分(独身一人暮らし社会人)の場合を計算してみました。

まずは最低限の月の生活費をだしてみる

 病気とか事故とか災害で仕事ができなくなったときの生活費を確保する…ということだと思っているので、まずは毎月必要な生活費を出してみたいと思います。

 これは毎月の家計簿を見た感じ、予算から大きくはみ出していないと思うので、予算を元に考えていきます。

予算→支出目標(予算)の立て方と使い方の例(私は月11万円)

家計簿→2019年11月の家計簿:旅行…以外の特別費も結構使ってる!

 予算は月11万円+特別費、といった感じです。

 働けなくなった場合、車は売り、社会人サークルもやってる場合ではなく、寄付も余裕がないときはしないので、そこで月約14000円削減です。

 また、私が働けなる理由としては大きな怪我・病気・メンタルが考えられるので、多分今住んでいるところからも引っ越すと予想し、家賃も低い所(4万円)に引っ越すと考え月1万8500円削減。まあ実家に戻ることも考えられますが、一人暮らしが好きなのでとりあえず一人暮らし計算で行きます。

 削減分を入れると大体月8万円。これが本当に最低限の月の生活費となります。

税金とか貯金のことも含めて計算してみる

 先程出した月8万円に、住民税・国民年金も足してみます。国民健康保険料は…働いてなかったら親の扶養に入ると思うのでとりあえず放置。

 なんとも言えないところもありますが、住民税月15000円、国民年金月17000円とすると、112000円。まあ11万円としておきます。もとに戻ってない?

 次に、お得な貯金制度? の積立NISAとiDeCoもやりたいと思ったときのことを考えます。月33333円と月12000円として考えると、月4万5千円。で、15万5千円。怪しくなってまいりました。

 まあこれで、月の必要な生活費を出せたかなーと思います。

期間はどれくらい? 半年? 1年?

 それで無職で何ヶ月生活するのか、ということを考えていきます。

 本やらサイトやらを見ても、3ヶ月で十分とか半年とか1年とか2年とか…全然はっきりしないですよね。まあ人によるから当たり前なのですが…

 私の場合、働けなくなる可能性としてはメンタルがやられる可能性が一番高いと思います。豆腐メンタルなんですよ。で、落ち込んだら半年間は辛く、1年経つとまあまあ元気になってきて、2年経ったら結構忘れていたので、とりあえず1年間分で考えてみます。

 最低限だと8×12で96万円。税金を払うと11×12で132万円。貯金もし始めると15.5×12で186万円。で、引っ越し代の10万円と年の特別費10万円を足すと…

 120~200万円あれば1年は生きられそうです。2年なら倍の240~400万円

200万円を現金で貯めるのが最優先!

 ということで、まずは200万円現金があれば、他は投資用にしていいだろうという事になりました。1年贅沢に過ごせるし、節約すればギリ2年行けそうな安心感があります。

 これはうっかり投資に使わないような、ゆうちょ、SBI以外のIPO口座に入れておきたいと思います。SBIの現金はすぐ投資したくなるので駄目。投資用現金とします。

すぐ投資したくなる→少額投資をしすぎていたので、数を減らしてみた

 今ゆうちょに60万、マネックスに30万あるので合計90万。今回のボーナスで最低限の120万に乗せつつ、200万を超えるまでは株取引とかETFとかに新たに手を出さず、大人しく積立NISAとiDeCoをしていきます。頑張ります。

 ついつい投資で儲かっている話を聞くと投資したくなりますが、まずは自分の生活防衛が先ですね。

 あと、あまりにもずんだ餅が食べたいのでブログのデザインを黄緑にしてみました。すごくブログっぽい!